セラミック治療 | 東中野の歯医者 - 中野区東中野【ふじまき歯科】

セラミック治療(白い詰め物・被せ物)

白い詰め物・被せ物について

当院では、お口の状態やご予算に合わせた白い歯の詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)をご案内しております。保険診療でできる白い歯もございます。銀歯ではなく白い歯で治したい方、お気軽にご相談ください。

歯が白いと笑顔も魅力的になります

レジン

プラスティック素材で出来た歯の修復物です。小さなむし歯を埋める保険診療の際に使います。

ハイブリットセラミック

プラスチックとセラミック(陶器)の混合素材となります。多少着色・変色がありますが、白い歯に仕上がり、金属アレルギーの心配はありません。

オールセラミック(ジルコニアセラミック)

金属を一切使用せず、セラミックのみで作られた補綴物です。見た目はとても自然で変色しにくい、着色・クラーク(汚れ)がつきにくいので清潔、つるつるして歯ざわりが良いといった特徴があります。

土台はジルコニア(人工ダイアモンド)、表面はセラミックで仕上げます。ジルコニアは「人工ダイヤモンド」とも呼ばれており、さまざまなセラミックの種類なかでも、一番優れた審美性・耐久性を誇っております。主に奥歯で使うことが多いです。

保険適応のCAD/CAM冠ハイブリットセラミック

CAD/CAM装置使用で対象の歯に限っては、ハイブリッドセラミックレジン冠が保険適用となります。

保険で「白いかぶせ物」にできる歯
  • 小臼歯(前から数えて4番目、5番目の歯)は、全ての方が対象で保険適用となります。
  • 大臼歯(前から数えて6番目の歯)は、上下両側7番が全て残存し過度な咬合圧がかからない場合において下顎6番のみ、適用となります。
  • 金属アレルギーの患者さんの上下6・7番が適用です。但し、金属アレルギーを証明する医師の診断書が必要となります。

白い歯に関するご相談

前歯や、正面から見える部分については、特に白い歯にしたいというご相談を多くいただきます。白い歯へ修復するといっても、選択する素材や、部位、歯の状態、そして患者さんのご希望の審美性などによって、保険診療でできる治療から自由診療となる治療があります。そして、患者さんの負担額にも異なってきます。

当院の診療では、患者さんの歯の状態とご要望に応じて、治療法をご提案していきます。ご要望をしっかりと伺い、歯を健康な状態に保っていくためにできることをご説明していきますので、診療にいらした際はどうぞ安心してご要望をお話ください。

お問合せバナー

中野区東中野駅から歩いてすぐの歯医者「ふじまき歯科」では、一般歯科・小児歯科・口腔外科・予防歯科・審美歯科をはじめ、入れ歯(義歯)・スポーツマウスガードなどを取扱っております。

ページトップに戻る